業務内容

●紹介ムービー

オフィスソトコトだからできること

●代表の木下芳美には次のような強みがあります

●産業領域と医療領域という2つのフィールドの経験値

多角的な視点を持ったカウンセリングやコンサルテーションが行え、健康な方から心の不調に苦しんでいる方まで、幅広く対応できます。

●メンタル&キャリア両輪の豊富な現場経験

働く方のカウンセリングでは、メンタル面とキャリア面両方の問題が絡まり合っているケースがほとんどです。その両輪での支援ができます。

●復職支援の実践家

心療内科のリワークプログラムにおいて、復職を目指す方々への支援と、人事労務担当者、産業保健スタッフ、管理職への支援を行っていることから、復職と再発予防を成功させるノウハウがあります。

●メンタルヘルスや職場環境改善のコンサルタント

国際EAP協会から従業員支援プログラムのプロであるCEAP(Certified Employee Assistance Professional)の認定を受け、継続的なトレーニングを受けていますので、組織のメンタルヘルス対策のデザインやプランニング、人事労務担当者、産業保健スタッフ、管理職などへの適切なコンサルテーションが行えます。

●講師、ワークショップデザイナー、ファシリテーター

日頃のカウンセリングやコンサルテーションの経験から、現場感覚のあるタイムリーでアップデートされた内容の講義を提供いたします。また、ワークショップデザイナーやファシリテーターとして、参加者の気付きを促す、参加型体験学習を用いた研修プログラムが行えます。

●多方面の専門家とのネットワーク

医療、心理、キャリアの領域だけでなく、社労士、診断士、税理士など士業の方々、教育、福祉、リラクゼーション、コーチング、セルフブランディングの専門家などとのつながりがあります。 必要に応じて、より適切な専門家をご紹介をしたり、協働でご支援する体制を整えています。

大切にしたいこと

前向きで積極的なメンタルヘルス対策=ポジティブ・メンタルヘルス

これからのメンタルヘルス対策は、個人にとっても組織にとっても、単なる病気予防ではなく、より健康に、さらにイキイキを目指す"ポジティブ・メンタルヘルス"の視点が欠かせません。

働くことへの誇り・情熱・ワクワク感を持つこと=ワーク・エンゲイジメント

熱意を持って前向きに仕事に取り組める、つまり"ワーク・エンゲイジメント"が高い人は、心のコンディションも良好と言えます。また、"ワーク・エンゲイジメント"の高い人が多い組織は、生産性も向上します。

個人と組織・家庭・地域・社会の幸福の循環=ハピネス・サイクル

働く人一人ひとりの心のコンディションが整っていると、その人が属する組織、家庭、地域、社会の健康状態も良くなります。また、組織、家庭、地域、社会の環境や人間関係が良好であれば、それを構成する個人の健康度も増します。このプラスのハピネス・サイクルを回しましょう。

ストレスへのしなやかな対応力と立ち直る力=レジリエンス

大切なのは、何が起きてもびくともしない頑丈さを持つことではなく、へこんだとしても立ち直れるしなやかさを持つことです。人間にはその力があるのです。

オフィスソトコト
代表
木下芳美
(きのしたよしみ)

■資格
・シニア産業カウンセラー
・キャリアコンサルタント
・CEAP
・ワークショップデザイナー

■所属学会・団体
日本産業カウンセリング学会、日本認知療法学会、EAPコンサルティング普及協会 他

■実績
心療内科、企業内相談室にて、年間1000時間のカウンセリング
講師として、年間100回の研修、講座、講演

■略歴
名古屋市生まれ
南山大学文学部教育学科卒業
大阪大学ワークショップデザイナー育成プログラム修了
大学卒業後、民間企業にて、販売促進やマーケティングリサーチの業務に携わる。その後、産業カウンセリングの世界に転じ、現在は、企業内相談室や心療内科のカウンセラー、研修講師、復職支援プログラム講師などに従事。

■オフィス名の由来
“ソトコト”は、アフリカの言葉で“木の下”。代表の名前と同じです。「木の下には知恵が宿っている」という言い伝えがあります。

Blog

More

PAGETOP
 
Copyright © オフィスソトコト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.